ドワハルFactory

映画/海外ドラマ/ゲームのひとりごと。

《文鳥のも”リコ”》ドワハル島に住民がふえました。

文鳥の雛が移住してきました。

 

文鳥と暮らしたい。

なんか突然そうおもいました。

きっかけはかなり前に友が飼っていて、

懐くしかわいいぞっていってたのがずっと頭のかたすみにあったことだと思います。

 

そこからペットショップ3件に電話の日々です。

探し始めたのが8月の初旬。

お店の人に10月くらいからくると言われたところもあり、

2ヶ月先かぁ、などと思いながらもいろいろと連絡はかかさずです。

 

おむかえするためにケージなどをコツコツ買いながら探しました。

 

7年~生きるらしいので覚悟もいります。

人と同じで相性が合わなかったらどうしよう。

ちゃんとお世話できるだろうか?

などなど考えながらも、まだ先だから余裕などどリラックスしていたら、

 

9月初旬に1件のお店から連絡が。

 

すぐに行ってみると、女性の店員の方がプラケースに入れた2羽の雛を見せてくれました。

見ると白文鳥とシナモン文鳥の雛です。

家は床も壁も天井も白なので白文鳥は不安なのであきらめてました。

まだ、覚悟ができてなかったのと、

シナモンはアルビノで目が赤いので紫外線に弱いとかいう情報もあるのが、ちと心配。

ただかわいい。

 

しかし、女性の店員さんが2羽の雛をいれた小さなプラケースに持ってきた時、

 

店員さん「1羽し、2羽ですねー」

ドワハルの心の声1羽し・・・し???しってなに???

 

滝汗吹き出ました。

 

今日は、まだ覚悟ができてないので、次回またきたら連絡下さいと言って、

ヒーターやサーモなどいろいろ買って帰宅。

 

ああ、不安だ。

大切な命、不安だ。

 

そして、いろいろな思いの中、覚悟できました。

 

探す時におもったのが、

ペットショップっしょ、ホームセンターなんてないっしょ。

ペットショップにはたくさんの種類の生き物がいますが…。

犬や猫、爬虫類や熱帯魚。

小動物スペースは狭く

鳥はあまりいないです。

そして文鳥は予約でうまってるらしいです。

 

店員さんがそっけなかったり、若すぎたりすると、

少し大丈夫かな?と思ってしまいます。

 

ホームセンター連絡してみっか…。

軽く電話。

若い女性の声で優しそう。

店員さん「桜と白とシルバーの雛いますよ」

ドワハル「さささ、桜っ!ししし、シルバーっ!行きます、行きます、すぐ行きます!」

 

地下鉄とバスで家から1時間かけて行きました。

遠いね。

 

ホームセンターといえばDIYとかそういう感じ?

ペットコーナーは片隅に小さくあって、おまけ程度?

そんなイメージ。

 

バスを降り徒歩1分ほどでつくのですが、広すぎる駐車場をこえて広すぎる建物、

そして中へ。

ひっろ!ペットスペースめちゃめちゃ広い。

小動物コーナーへ。

ひっろ!しかもたくさん。

ペットショップより広く、たくさんの動物がいます。

広すぎるほど広い。

なめてた。

 

では店員さんにお声を…。

 

続く(すまんね)

f:id:dowaharu:20211011082308j:plain